壊れていても買取可能なお店もある!

査定カメラの専門店では、カメラ屋さんのブランドがあるため購入を希望するお客さんが入りやすく、そのため買取りサービスにて高額査定を出せるという強みがあります。これに対して買取り業者の場合には徹底したコストダウンによって査定額を譲歩する試みがなされており、こちらも良い値段を付けてくれます。しかし、お店によって査定基準などが異なるため、査定額も当然ながら異なります。A店では10万円の査定だったがB業者では11万円だったという話もよくあります。同じカメラでもこのように査定額が若干違いますので注意してください。

カメラの買取りにおいて得をするためのポイントとしては、市場での相場をきちんと調査することや、複数のお店に査定してもらうことが挙げられます。最低でも2店舗に査定してもらえば、お持ちのカメラのだいたいの値段が分かりますし、2つの査定額を比較することもできます。近年ではインターネット経由で査定をしてくれるというお店も登場していますので、そちらを活用してみるのも良いかもしれません。高額査定への近道は、こういった地道な調査によるところが大きいです。宅配買取サービスなども視野に入れて、カメラの買取りを検討してみてください。【参照リンク→カメラ高く売れるドットコム / カメラ買取


下取りの方が高い場合もある!

カメラ少しでも高くカメラを買い取ってもらいたいのならば、付属品やその他のレンズなども一緒に査定してもらうと良いでしょう。充電器や充電池、元箱、取り扱い説明書、レンズキャップ、ストラップといった付属品も合わせて全て欲しいという需要がありますので、些細な物だったとしても一緒に査定へと持ち込んだ方が良いです。特に古いアンティークのようなカメラの場合には、熱烈なコレクターから付属品に高値が付けられることもありますので、できるだけの物を用意して査定に臨んでください。

この他にも、査定額をアップさせたいのならば、下取りに出すという選択肢もあります。古くなったカメラを引き取ってもらい、その分の割引を受けた上で新しいカメラを購入する下取りは、通常の買取りと比較して若干高値が付きやすいという特徴があります。そのお店の売上にも繋がるのでウィンウィンといったところです。しかし、これはあくまで1店舗に限った買取り額と下取り額の違いとなります。別のお店に査定してもらったら買い取ってもらった方が高かった、ということもありますので注意してください。売ったカメラのお金を使って新しいカメラを買おうと考えている場合には、下取りという選択肢も頭に入れておくと良いでしょう。次頁では、壊れていても買取可能なお店について説明します。


お店はどこを見て査定してるの?

査定額ベースになるのは、市場での中古品の価格相場です。一般的にはカメラの型番や年式が古くなるほど安くなり、新しいカメラの場合は高くなります。査定額はこの価格相場からカメラの保存状態や付属品の有無によって、減算されていくことになります。なお、保存状態のチェックでは、以下のような点がチェックされます。

査定額1. グリップ部分がベタついていないか
2. ダイヤルはしっかりと反応するか
3. 傷やへこみはないか
4. 動作環境は良好か

基本的には動作環境が見られることになりますが、その他の細部についても査定額に影響を及ぼします。きちと正常に動作するか否かという点は、修理をすることなく中古品として販売できるかどうかに関わりますので重要視されます。ただ、それだけで査定額が決まるというわけではありません。グリップやボディに傷があると見た目の印象が悪くなってしまい、査定額の減額につながります。お店側は、これらの要素を細かチェックしていき、ランク付けを行った上で査定額を決定します。傷もなく動作不良も起こしていないようなカメラならば新古品として高値がつくこともあります。たとえば傷が無くても動作状態はあまり良くない、逆にしっかりと動作したとしても傷やへこみが目立つといった場合には査定額の低下につながります。カメラの状態を総合的に見て買取り金額を決めている、ということです。続いては、下取りについて説明します。


カメラの買取り、どこで売るべき?

不要になったカメラを買取りに出す際に、やはり気になるのはいくらで買い取ってもらえるかということですよね。できれば高く買い取って欲しいものですが、どのようにして売れば高額査定へとつながるのでしょうか。まずはカメラを売る方法について見ていきましょう。

買取カメラを売る方法には、カメラ専門店での買取りサービスや下取りサービスの利用、買取り専門業者の買取りサービスの利用、リサイクルショップの利用、インターネットオークションに出品するといった方法があります。中でもメジャーなのがリサイクルショップやカメラ専門店、買取り専門業者を利用するという方法ですが、リサイクルショップの利用については高額査定につながりにくいという特徴があります。リサイクルショップは手広く商いをしていることから、不要なカメラの収益化ノウハウが未熟であるため、査定額が低くなりがちです。

一方でカメラの専門店やカメラ買取りの専門業者の場合には、独自のルートを使用して、修理をしたり使える部品だけを取り出したりします。そして他のお客さんに販売して利益を出すので、その分買取り価格も高くなるというわけです。したがってカメラを売る際には、まずはカメラ専門店の買取りか、買取り専門業者を利用した方が良いと言えます。それでは次に、カメラ買取りの査定基準と下取りサービスの利用壊れているカメラの買取りについて見ていきましょう。高額査定につなげるためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。